back
【あとがき】
 だれかと一緒に練習したほうが楽しいと思う人。一人だから、気兼ねせずに練習できるという人。できるだけ早く技術を身につけたい人。ゆっくりと、練習そのものを楽しむ人。たくさんの歌を覚えたい人。1つの歌をじっくり歌い込みたい人。
 いろんな人がいますから、いろんな練習のしかたがあっていいと思います。ここでは、《八重山の民謡を八重山の人と同じように歌える》ことと、《早弾きもできるようになる》ことを目標にしています。もしかすると、あなたには必要のないことが書かれていたかもしれません。無駄な時間を使わせてしまったようでしたら、どうもすみません。
 質問や意見がある方は、urusi@d4.dion.ne.jpへメールをください。電話チンダミもメールをいただければ、時間が許す限り応じたいと思います。電話代はそちらもちですよ。
 最後に、これまでいろいろな面でご指導いただいた諸先輩方、お世話になった三味線店、そして、ネット石垣のシスオペとご家族と会員のみなさん、さらに、三味線と音楽を残してくれた沖縄の人と文化に感謝いたします。どうもありがとうございました。



参考文献
声楽譜附八重山古典民謡工工四(大浜安伴)
野村流工工四(野村流古典音楽保存会)
正調琉球民謡工工四(琉球音楽々譜研究所)
日本民俗誌大系第一巻沖縄・角川書店
随想(又吉真栄)・非売品
八重山民謡誌(喜舎場永じゅん)・沖縄タイムス社
八重山古謡(喜舎場永じゅん)・沖縄タイムス社
南島歌謡大成八重山編・角川書店
琉球芸能事典・那覇出版社
三味線手ほどき(町田佳聲)・邦楽社
(注)『三味線手ほどき』は、本土の三味線の教則本です。

そのほか、カセットテープ、CDの解説・歌詞カードも参考にさせていただきました。


back