back forward
(3)弦のはじき方(弾き方)

 音を鳴らすわけですから、音がきちんと合っていなくてはいけません。でも、音を合わせるためには、弦のはじき方がわかっていないといけません。卵が先か鶏が先か、のような話ですが、とにかく先に鶏・・・じゃなくて弦のはじき方を書きます。ここでは、はじき方をマスターするのではなく《知っておく》程度にして、次の《調弦》に移ってください。調弦ができたら、もう一度《はじき方》に戻ってやってみてください。

 弦の名前です。説明に必要ですから、覚えてくださいね。

    下 = 一番細い糸 = 女弦(ミーヂル)
    中 = 中位の太さ = 中弦(ナカヂル)
    上 = 一番太い糸 = 男弦(ウーヂル)

 正しく構えたら、右手に爪あるいはピックを持ってください。自分の爪を5ミリほどのばしてそのまま弾く方は、人差し指と親指で輪をつくり、《OK》サインにしてください。そのままの形から、人差し指の先が1センチほど飛び出すように親指をずらします。指で作った輪が細長くなり、水滴のような形になったと思います。他の3本の指は開き気味にしておけばよいでしょう。 ピックの場合は、人差し指の先を出すかわりに、ピックの先が出るように人差し指と親指で持てばよいわけです。三味線用の大爪を使う方は、人差し指にはめて、指の延長だと思って使ってください。大爪も含めた《OK》サインを作るわけですね。ただし、大爪は大きいため、親指と中指で大爪を支えるようにします。大爪の分だけ人差し指が伸びたことになりますので、人差し指がやや窮屈にまがることになります。
 次に、今の人差し指の爪(ピック、大爪も同様)を男弦のところに持っていきましょう。ウマから10センチほど前がいいでしょう。鏡に映ったあなたの手は、手のひらでウマを隠すような形になるはずです。それでいいですよ。このときにも、手首のあたりでチーガをきちんと押さえておいてくださいよ。手首の部分は、90度ほどに曲がっていて、少々窮屈かも知れませんが、その状態でいてください。さて、いよいよ弾いてみます。
 爪(ピック、大爪)を男弦に乗せるようにします。その爪を、男弦の下にある中弦の上へ《ガタン》とおろしてください。爪は中弦の上に乗っている状態でストップ。このときに、男弦がはじかれて、音が鳴るわけです。え?うまく鳴らない。もしかすると、男弦をはじいたあとに、爪が男弦に触れてしまって振動を止めているのかもしれません。爪は中弦の上に乗せたままだけれど、男弦には触れないように。もう一度どうぞ。 鳴りましたか?うまくいくように何度かやってみてくださいね。
 男弦の音を鳴らした時には、爪は中弦に《乗っている》状態ですね。今度はそこから女弦の上へ《ガタン》。続いて、その下へ。下にはなにもありませんから、手は《宙に浮いた》状態。これで、3つの音が鳴ったはずです。
 ここで大切なのは、男弦を弾いたとき、爪は中弦の上にあるということです。(同様に、中弦を弾いたときには、女弦の上)
 さて、もう一度弾いてみてください。手首の角度は、ほぼ90度に曲がっていますね。《ガタン》《ガタン》《ガタン》。これがうまくいけば《ド・ファ・ド》と聞こえるはずです。弦をはじいたときに、手首の角度が変わってしまう(手首が伸びてしまう)のはよくありません。それは、《弦をはじく》という意識がはたらきすぎているのでしょう。正しい動きは・・・
 たとえば、夏、右手に扇子(せんす)を持って、自分の顔を扇いでいるような手首の動き。と言えば、想像できますでしょうか。はじく動きというよりも、手首を中心にした回転運動の一部という感じですね。
 さて、ゆっくりと、何度か練習をしてください。音を鳴らした弦に爪が触れてしまうと、弦の振動が止まって音がとぎれてしまったり、雑音になったりします。今鳴らした音が、《テンーーーーーー》とのびるように聞こえなければいけません。最初は、うまくいかなくても、だんだんできるようになります。
 慣れましたら、女弦、中弦、男弦の順番で弾いてみましょう。先ほどと順番が逆になっただけで、弾き方は同じですよ。まず、女弦の上に爪を乗せて下へおろす《ガタン》、次に爪を中弦の上にもってきて女弦の上におろす《ガタン》、そして男弦の上にもってきて中弦の上に《ガタン》、どうですか。
 これも慣れてきたら、《男弦−中弦−女弦》《女弦−中弦−男弦》と往復で弾いてみます。目標としては「弦を見ないで、弾けるようになる」ことです。
 今、完全にできなくてもいいんです。これから、曲を練習しながら、弾き方もうまくなってきます。今は、「こういう弾き方が正しいのだ」ということを知っておいてください。


back forward