back forward
2、工工四(クンクンシイ)

(1)漢字と勘所(かんどころ)

(1)押さえる場所=勘所
 五線譜の場合、1つの音符が、音の高さと長さを表します。例えば、《ト音記号》と《4分の4》が書かれていて、5本目の線に黒い玉と棒がついたおたまじゃくしがいたら、《ファ》の音を《1拍》鳴らすということになるわけです。
 では、三味線用の楽譜=工工四の場合はどうでしょうか。お手持ちの工工四をご覧ください。

 中工上 合四上 工中上 合四上

 縦長のマス目に、このような漢字が縦書きになって並んでいると思います。1つの漢字が1つの音を表しています。『大浜安伴著・八重山古典民謡工工四・上巻』をお持ちの方は、〈鷲ぬ鳥節〉をご覧ください。(最初に練習する曲は、〈鷲ぬ鳥節〉です)先に書いた漢字が並んでいると思います。見たとたん、「あ・・・だめ。こんなに覚えられない」と悲痛な叫びが聞こえそうですが、ご安心を。 八重山の民謡に限らず、三味線を使って演奏される曲のほとんどが、13コ以下の音しか使いません。これから練習する〈鷲ぬ鳥節〉をよくご覧ください。使われている漢字、すなわち音の種類は、全部で7つなのです。しかも、7つのうち3つは左手の指を使わない《開放弦》です。左手で弦を押さえなければならない音は、4つ。どうです。これならなんとかなりそうでしょう。
 下の図は三味線の弦と左手の押さえる位置を表した図です。この7つの漢字と位置を覚えれば〈鷲ぬ鳥節〉の工工四は読めたも同然!というわけです。(工工四にも、勘所図が書かれていますので、参考にしてください)


工-|-----五--------------------------------------  女弦
  |
四-|-----上--------中----------------------------  中弦
  |
合-|-----乙--------------------------------------  男弦


 これは、演奏者の目から見た弦の位置です。
 実物の三味線を見ると、ムディのすぐ下に3本の弦を行儀よく並べるための白い棒があります。それを《歌口》といいます。(棹に埋められたウマのようなものですね)
 上の図の左端、工・四・合の右側の縦線が、その歌口だと思ってください。思えなくても思うこと。
 「へーーー。工を鳴らすときは、こんなところを押さえるのかーーー」
 ちがいます。工・四・合は、左手は弦を押さえないで右手で弾く音です。女弦をそのまま弾けば、《工》なんです。わかっててそんなこと言うんだから、もー。
 《五・上・乙》は人差し指でそれぞれの弦を押さえて、右手で弾く音です。押さえる位置は、先ほどの歌口から下へ6センチを目安にしてください。《中》は約12センチのところを、中指で押さえます。
 左手で押さえるたびに、いちいち物差しで計るわけにはいきません。そこで、ガムテープの登場。細く小さく切って、棹に貼っておきましょう。弦のある面に張り付けてはいけません。側面=三味線を正しく構えたときに、あなたは三味線の側面を上から見おろしていますよね。あなたの目から見える所に、押さえる場所の目印としてガムテープを張り付けましょう。歌口から6センチのところに1枚、12センチのところに1枚です。 6センチの方は、人差し指で押さえます。12センチの方は、中指です。
 印をつけるガムテープは、紙製よりも布製の方がよいと思います。はがすときに、きれいにはがれますから。貼ったりはがしたりしても、三味線には影響ありませんので「よごれるのがいやだから」なんて言わずに貼っておくことをおすすめします。

(2)鳴らしてみる
 では、練習しましょう。

 中工上 合四上 工中上 合四上

 まえにも書きましたが、この漢字12コは、〈鷲ぬ鳥節〉の歌持(うたもち)=前奏の部分です。使われている漢字の種類は、《中・工・上・合》の4つです。まず、これから覚えることにしましょう。
 《中》は、中弦を中指で押さえます。押さえる場所は、ガムテープで印をつけてあるからわかりますね。
 押さえるときは、指の先の方で押さえると思ってください。ただ、あまり「爪を立てる」ようにすると、その爪のせいで、棹に塗ってある漆(うるし)を削ってしまうことがあります。(私も、最初の1年で、《五》の位置が削り取れてしまい、三味線店に塗り直しに出したことがあります。当時5千円でした)爪は、きちんと切りましょう。
 《中》の次は、《工》です。女弦を弾きます。《工》を弾くときには、《中》を押さえていた中指は、弦から放します。
 《上》は、人差し指ですね。中弦ですよ。けっこう指を窮屈にまげなければならないでしょう。がまんがまん。音がなりましたか?

 * 左手の指の動き
 《中工上》と弾く場合、《中》の中指は《工》を弾く寸前まで押さえておきます。そして、《上》の人差し指は、《上》を弾く寸前(ほとんど同時)に中弦を押さえるのです。これは、それぞれの音をきちんと伸ばすために必要なことですし、《早弾き》がきれいに弾けるためにはどうしても必要なことです。練習を重ねながら、できるようになってください。でも、できなくてもどんどん先に進んでくださいね。 やっているうちに、できてきますって。

 先を続けましょう。
 《中・工・上》ときました。次です。
 《合》は、男弦。左手はおやすみです。《上》を押さえていた人差し指は、弦から放します。
 《四》は、中弦。このとき、《合》を弾いた直後の右手(あるいはピック)は、中弦に触れているはずです。(うそだと思うなら、もう一度《合》を弾いてみましょう。男弦から、中弦へ、ガタン。ほら、あなたはもう、中弦を弾く用意ができてしまっている)そこからもう一段下に降ろせば、《四》の音がでることになってます。
 《上》。中弦人差し指ですね。

 初めて音を鳴らすわけですから、どうしても、目で確認したくなりますね。まず、左手の押さえている場所を見て、弦を確認し、右手の弾く場所と弦を確かめて、《テン》。それは当然です。でも、慣れれば、正面を見つめたまま、三味線を見ないでも弾けるようになります。そうならなければいけません。
 どうすれば三味線をみないでも弾けるようになるのでしょうか。簡単です。見ないで弾く練習をするだけです。

 さあこれで、6つの音が弾けました。この要領で、工工四に書かれているすべての音が出せます。でも、演奏する上で肝心ないくつかの部分を無視しています。リズムや強弱です。


back forward