back forward
☆その他の曲
 ここまでくれば、工工四に本調子(ほんちょうし=後で出てきます)と書かれている曲はたいてい弾けると思ってください。いろいろな曲を弾くこともよい練習になります。工工四の中で、比較的弾きやすくて、人前で演奏して喜ばれそうな曲を紹介します。

八重山民謡
 〈目出度節(めでたいぶし)〉
 『スリスリ めでたい めでたい めでたい』
 沖縄県民なら、この文字がメロディー付きで読める方も多いのでは。沖縄の〈めでたい節〉と八重山の〈目出度節〉では、メロディーの似ているところもありますが歌詞はずいぶん違っています。ややテンポの早い曲です。お祝いの席にはもってこいです。

 〈でんさ節〉
 もともと八重山民謡(今でも八重山民謡です)が、沖縄の民謡歌手が歌っている曲の方が有名になっているかも。古い教訓歌ですので、現代の考え方と合わない部分もありますが、とにかく全県的に有名です。

 〈やぐじゃーま節〉
 内容は、蟹(かに)のお話になっていますが、人々の境遇を蟹に置き換えた歌と言われています。

 〈くいぬぱな節〉
 しっとりとした美しいメロディーで、覚えやすい曲です。沖縄民謡〈恋ぬ花(くいぬぱな)〉も同じメロディーですが、内容はまったく違います。

 〈高那節〉
 工工四を見ると、曲の長さに圧倒されてしまいます。でも、弾いていると面白くて、知らないうちに覚えてしまっている歌です。


沖縄民謡
 沖縄民謡にも、いい歌がいっぱいありますよね。やはり本調子で、演奏しやすい曲を選んでみました。

 〈屋嘉節〉
 戦後の収容所で作られた歌です。学校の先生なら、平和教育の時間にこの曲を弾いてみてはいかがでしょうか。この曲は、左手人差し指で《中》を押さえるタイプです。と中で、《上》が一度出てきますので、その時だけ左手を普通の位置へ戻してください。

 〈伊佐ヘイヨー〉
 恋の歌。男と女が語り合います。というわけで、男女掛け合いで歌いたいですね。

 〈デンサー節〉
 〈伊佐ヘイヨー〉に続けて歌われることが多いようです。八重山の〈でんさ節〉と同じメロディーですが、〈伊佐ヘイヨー〉に続けて歌われる方は、歌詞がまったくちがいます。〈デンサー節〉単独で歌う場合は、沖縄でも八重山の〈でんさ節〉と同じような歌詞で、教訓歌として歌われます。

 〈安波節〉
 琉球古典です。短くて、歌いやすくて、親しみやすい。練習曲にはもってこいです。お祝いの席でも歌えますし、メロディーもきれいな歌ですが、練習曲として広まりすぎたかなあ。これを歌うと、聞いている人は「あ、三味線を始めたんだなー」と暖かい目で見てくれるようです。

宮古民謡
 〈なりやまあやぐ〉
 歌いやすく、有名な曲です。これにも教訓的な歌詞がありますが、〈でんさ節〉とはまったく違う内容です。宮古民謡も、是非1曲覚えてください。


△おまけ−7
 『沖縄の方言は、《a i u》の三つの母音でできている』
 こんなまことしやかなウソを聞いたことがあります。沖縄出身の人でも、これを信じている人がいたので驚きました。
 《目》=共通語で《me(め)》、沖縄方言で《mi(み)》
 《毛》=共通語で《ke(け)》、沖縄方言で《ki(き)》
 《年》=共通語で《tosi(とし)》、沖縄方言で《tusi(とぅし)》
 たしかに、《e o》を《i u》に変えると沖縄方言と同じになる言葉があります。だからといって、沖縄方言に《e o》がないわけではありません。次の言葉をごらんください。
 《けんか》=《o:e:(おーえー)》(《:》は音を伸ばす記号)
 《正月》=《so:gwatsi(そーぐゎち)》
 ほらね。《めんそーれ》もそうですよね。


back forward