back forward
(2)購入の実際

 さて、購入するときに考えるのが、《よい品物を安く手に入れたい》ということですね。《よい品物は高い》に決まっているのに、安く手に入れたい。なんとずうずうしい。
 でも、初めて三味線を弾こうと思っている方にとっては、《よい品物》も値段の相場もわからないはずです。そこで、私の経験(三味線購入回数2回、購入付き添い回数3回、さわった三味線数十丁)と勘?で、三味線購入の実際について述べてみましょう。

(1) どこで買うか?
 沖縄県内には、多くの三味線店があります。しかし、県外になると、三味線店を見つけることがむずかしいです。私の住んでいる大阪では、大正区に三味線店があります。兵庫県尼崎市にもあると聞いたことがあります(未確認)。大正区、尼崎市いずれも沖縄出身者の多い土地柄で、三味線の需要があるから店も存在するのでしょう。神奈川県でも、同じ理由で三味線店が見つかるかも知れません(無責任)。
 さて、近くに三味線店のない地方の方は、《通販》を利用したいところですが、今のところカタログに載っていないようですので、沖縄在住の方にお願いして送っていただくか、三味線店に直接問い合わせて、手元に送ってもらうことになるでしょう。もし、沖縄に旅行する予定があれば、実際に三味線店へ行って、店の人に相談しながら購入するのが一番よいでしょう。
 みやげ物店でも三味線が売られているようですが、おすすめしません。すべてのみやげ物店がそうだとはいえませんが、私の見た限りでは、三味線店にはとても並べられないような質の悪い三味線が置かれている場合があるからです。購入は、三味線店にしましょう。
 直接三味線店で購入できる方は、そのときに調弦(ちょうげん=チンダミ)をしてもらうことを忘れずに。調弦の様子も見ておくといいですよ。

(2) いくらで買うか?
 三味線の値段は、私の知る限りでは、下は3万円ぐらいから、上は数十万円まであります。3万円のものを探すのは、難しいかもしれません。
 3万円、5万円、7万円、10万円、15万円という値段のついた三味線を比べると、おおよそ値段の高い物の方が質(音色、材質)が良くなっていくのが実感できるだろうと思います。しかし、20万円の三味線と30万円の三味線に、値段ほどの違いを感じるかどうか疑問です。 まったくの私見ですが、「三味線について、20万円以上の値段が付いていたら、それは質の違いというより、三味線店の思い入れや、材料の産地の違いである」と考えられます。どこまでも音を追求したいのだ!という方でも、20万円以上のお金は出す必要なしというのが、私の考えです。(三味線店さん、ごめんなさい)
 私がおすすめするのは、ズバリ5〜7万円程度のものです。予算に余裕があり、少しでもよい音を追求したいと思われる方は、10〜15万円程度のものを購入されてもよいでしょう。
 三味線店の中には、陳列してある三味線に値札のついている場合があります。それを見て、だいたいの見当をつけるのですが、ついている値段よりも安く買えるか、あるいは、おまけをつけてくれることが多いようです。また、陳列してある物の中に、希望の金額の三味線がなくても、奥から出してくれることもあります。さらに、時間に余裕があれば、希望の金額の三味線を作ってくれるのを待ってもよいでしょう。
 というわけで、購入しようという方は、まず、三味線店に行って予算を伝えましょう。そうすれば、予算に合ったものを勧めてくれるはずです。三味線店の勧めてくれる物を買うことが一番だと思います。しかし、検討に値する値段の三味線がいくつかあった場合、その中から最終的に選択するのは、自分自身です。どの程度の値段でどの程度の三味線が買えるものなのかも知っておいて損はありません。 そこで、三味線の質と値段についての講釈も含めて・・・


back forward